トップページへ

● ムンク『吸血鬼(愛と痛み)』オフセットによる複製【A2235】・あす楽・【複製画・人物画】 新品 良好 額付 箱付 人物画 世界の名画 世紀末美術 表現主義 象徴主義 エコールドパリ ノルウェー オスロ ■現品限り

   

 


 

 


商品の詳細 作家名 ムンク 作品名 吸血鬼(愛と痛み) 技法 オフセットによる複製 額寸 ヨコ525×タテ410(mm) 絵寸 ヨコ365×タテ300(mm) 新品 良好 額付 箱付 原画は1895年にエドヴァルド・ムンクによって制作された油彩作品。

一般的に「吸血鬼」と呼ばれることがあるが、ムンクが付けたタイトルではない。

ノルウェーのオスロ・ムンク美術館所蔵本作は、長い赤髪の女性と男性が抱き合い、女性は男性の首にキスをしている。

ただ、女性は男性を上から押さえ込むように抱き、首に噛み付いてるように見え、そして長い赤髪は男性の頭部に垂れかかり、それは血が流れているように見えることから「吸血鬼」と呼ばれるようになった。

しかしムンク自身は「首にキスをしている女性」以外の事は何も意図はなく、また吸血鬼の絵画を描いているわけではないと主張している。

■エドヴァルド・ムンク■1863年 ノルウェーのロイテンで生まれる1880年 王立絵画学校に入学1889〜1892年 パリに留学1892年 ベルリンで個展を開くが、新聞に激しく攻撃され1週間で打ち切りにその後もドイツ各都市で個展を開き、徐々に愛好家を増やす。

12月からベルリンに住む。

1893年 「叫び」製作1896年 パリに移住1897年 女性問題で怪我。

徐々に精神を病んでいく。

1908年 コペンハーゲンの精神病院に入院。

このころからノルウェー政府から作品買い上げなど評価が高まる。

1944年 オスロ郊外のエーケリーにて没 他の◆ムンク◆作品を検索ムンク『吸血鬼(愛と痛み)』オフセットによる複製・あす楽・【人物画】 お部屋のインテリア・新築祝い・開店祝い・贈りものにお使い下さい!

  • 商品価格:7,560円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)

楽天で購入

トップページへ

ノルウェー 関連ツイート


TOP